ドアクローザーを調整しよう!

スポンサードリンク
ドアクローザーは、ドアや扉の上部に取り付けてあり、ドアや扉を開けたときに自動で閉める働きをする装置です。

ドアクローザーには勢いよく閉まらないようになどの工夫がされています。

ドアや扉が閉まる速さをゆっくりとさせることで、音の衝撃や指を挟んだりしないなどの怪我防止にもなっているのです。


ドアクローザーは、ドアや扉を開けた際に人の力を加えずに閉まるので、風などの勢いで閉まることもありませんし、開かないようにすることもできるので、ドアや扉の安全装置となっています。

全開にドアや扉を開けたとしても、勢いよく閉まることはなく一定の速度で閉じていき、完全に閉まる直前の速度はさらにゆっくりとしているので、閉まるときの音も静かです。

また、一定の位置で開けたままにしておくこともできます。


ドアクローザーは、ほとんどが玄関など重たいドアや大きなドアなどに設置されていることが多く、室内などの軽い扉などに設置されていることは少ないです。

ドアクローザーの仕組みは、ドアを開けたときにできる力をバネに溜めて、その時に油を利用した速さを減らしてくれる装置により勢いを抑えるようになっています。

いわゆる「油圧式」で動いています。

油が漏れているなどした際にはドアクローザーの中の器具が破損している可能性があるので交換しなければいけません。


もし、ドアの閉まる音がうるさくなってきたら、ドアクローザーを調整しましょう。

ドアクローザーの右側には、ドアを開閉する際の速度を調整するバルブが2つついています。

上のバルブはドアを全開にした所から閉まる直前までの速度を調節するもので、下のバルブはドアが閉まる直前から閉まるまでの速度を調整するものです。


スポンサードリンク
ドアクローザーには「パラレル式」と「スタンダード式」の2つの方法で取り付けられています。

パラレル式は、ドアが開く側とは反対側に取り付けるタイプで、例えば玄関の内側に取り付けて、外に向かってドアを開く場合のドアに使用されています。

スタンダード式は、ドアが開く側と同じ側に取り付けるタイプで、例えば玄関の外側に取り付けて、外に向かってドアを開く場合はスタンダード式で取り付けられています。