国立大学と私立大学の学費の違い

スポンサードリンク
国立大学学費が私立大学の学費より安いということは、どなたでもなんとなく知っていると思います。

実際、文科系の国立大学学費と私立大学の学費とでは、同じ条件であれば、2倍近い開きがあります。

文系でこれですから、理工系や医学部では、国立大学学費と私立大学の学費は10倍近くにもなります。

私立大学の文科系の学費と、理科系、医学部の学費では10倍近くの差があり、その分が国立大学学費と私立大学の学費の差になっていると言えます。


逆に言うと、国立大学学費は、文科系でも理科系、医学部でも、それほどの増減がないことを意味しています。

国立大学学費と私立大学の学費の違いは、結局のところ大学に支給される補助金、つまりは税金の違いで生じるものと言えます。


学費の安い国立大学は、東京大学や京都大学、東北大学や九州大学、北海度大学や大阪大学、名古屋大学など、旧帝大の国立大学は、今でも人気が高く、狭き門です。

頭が良くて勉強が出来るからと言って、そのような国立大学に入学できるかと言えば、そうは単純ではありません。

受験勉強は、今では情報収集戦のような様相を呈していますから、受験予備校へ通わせて、戦略的に受験勉強をしないと、有名国立大学へ合格する事もままなりません。


国立大学学費が安いと言っても、入学した初年度では平均80万円はかかります。

それも国立大学の文科系の話で、理科系、医学部では更に高額な学費になります。

スポンサードリンク
最近の国立大学学費は値上げされる傾向にあります。

国の予算削減と、少子化による入試希望者の激減で、地方の国立大学は統廃合の危険性もでてきています。

入試の定員割れを防ぐために、合格者が定員に満たない場合、その欠員を2次試験の募集人員を増やして補うなど、苦肉の策をとっている国立大学もあるほどです。


今後は国立大学学費と私立大学の学費の差が縮まると言われていますが、その前に国立大学の幾つかはなくなってしまうことでしょう。