ヒステリックミニとヒステリックグラマー

スポンサードリンク
ヒステリックミニはヒステリックグラマーのキッズブランド。

ヒステリックグラマーは1984年に設立されました。

デザイナーは北村信彦で、アメリカの1960年代1970年代のストリートカルチャーをコンセプトにしたアグレッシブなブランドです。
ヒステリックミニは同様の路線でデザインされたキッズファッションになりますが、アート色が強いブランドイメージに仕立て上げられています。


ヒステリックミニのデザインは、既成の子供服とは異質のテイストで作られたもので、ポップアートに代表されるモダンアメリカンアートの臭いを感じさせる、エキセントリックなデザインです。

サブカルチャーとしてのアメリカンコミックのキャラクターをモチーフにしたアイテムが多いですが、ディズニーのキャラクターモノとは別物で、ダークでエキサイティングな雰囲気があります。

その裏には60年代、70年代のサイケデリックなドラッグカルチャーと言えるほどの過激さが潜んでいて、ちょっとした凄みさえ感じるほどです。


ヒステリックミニのデザイン

毎年ヒステリックグラマーはテーマを替え、試行錯誤を繰り返していますが、ヒステリックミニも年々変化し、進化していっています。

ヒストリックミニは、デザインこそ突飛ですが、そのファッションアイテムの素材や縫製は、大人のアイテムと同品質な高品位な物になっています。

スポンサードリンク
そのコンセプトを考える限り、ヒステリックミニのデザイナーは、アメリカのサブカルチャーにどっぷり使った人のように思えて仕方がありません。


これからもファッションをアートとして、良質な製品にして販売することがヒステリックミニの目的。

その製品がたまたま子供服や子供用のグッズであったと言うだけで、ヒステリックグラマーからの系譜の一貫としてのブランドで、決してキッズブランドではないように思えてなりません。