バイクのナックルガード

スポンサードリンク
ナックルガードはオフローダーには付き物のバイクアクセサリー。

怪我防止には不可欠なパーツであり、怪我防止だけでなく防寒にも威力があります。

高速で冬場を走る場合は、グローブをしていてもかじかんでしまうほど冷えますから、ナックルガードがあると重宝します。

最近ではナックルガードもアクセサリーとして人気になっていて、バイクメーカーやパーツメーカーから色々な種類のナックルガードが販売されています。

ナックルガードと一言で言っても、オフローダーからロードバイクまで色々あります。

輸入パーツまで合わせれば膨大な数に上ります。


ナックルガードの効果


オフローダーやトライアルに関して言えば、ナックルガードの名のとおり、ナックルを守るための防護パーツとして必須アイテムです。

多くは樹脂製の軽量化されたタイプが中心で、オフローダーやトライアルのバイクの性質上、スピードを出すと言うよりは、転倒時や岩にぶつかった時のために、装着しておかなければならない装備と言えます。

それだけに標準装備のパーツの替わり本格的なパーツに付け替えるドライバーがほとんど。


最近はタウンユースにオフローダーやトライアルバイク風のモデルも増えてきていますから、本家の影響で必要もないナックルガードが、アクセサリーとしてつけられている場合もあります。

本格的なナックルガードであれば、ナックル全体を包み込むような大きなものになりますから、タウンユースには、却って邪魔になるかもしれません。

スポンサードリンク
ロードレーサーや普通のバイクの場合、ナックルガードと言っても、雨除け風除けが中心で、ガードとしてはほとんど役に立ちません。

最近のオンロードバイクのナックルガードも、樹脂製のモノが大半で、透明や多少スモークがかったものが多いようです。


ナックルガードはロードバイクでも、雨の日などは、重宝する事が多く、グリップに雨水がかからないだけでも、安心と言えます。

パーツとしては安いですから、ワンポイントアクセサリーとして考えてもいいのではないでしょうか。